• フォレストアドベンチャー・こすげ

【迷い】アドベンチャーコースとキャノピーコース、どっち選べばいい?


みなさま、こんにちは!


本日のブログでは、よくあるご質問「アドベンチャーとキャノピー、どっちを選べばいいか?」という問題にお答えします!


まず、当施設には参加条件の異なる2種類のコースがあります。


・アドベンチャーコース

小学4年生もしくは身長140cm以上から体験OK!

18歳未満のお子様2名につき保護者(18歳以上)1名の引率(一緒に体験)が必要

体重130kgまで


つまり、難しい方がアドベンチャーコース

・キャノピーコース

身長110cm以上から体験OK!(年齢や学年による制限はなし)

小学2年生未満のお子様3名につき保護者(18歳以上)1名の引率(一緒に体験)が必要

小学3年生以上のお子様が体験する場合は地上からの見守りでもOK

体重130kgまで


かんたんな方がキャノピーコースと思っていただければOK

つまり、小学4年生以上もしくは身長140cm以上あるお子様は、アドベンチャーでもキャノピーでも、お好きなコースを選んで体験していただけるのです!



そんな中、以下のような質問をいただくことがあります。


「うちの子は小学6年生なんですけど、フォレストアドベンチャーに初めて行くのでキャノピーコースの方がいいですか?」


「うちの子は小4なんですけど、けっこうビビりなのでキャノピーコースの方がいいですか?」



お答えしましょう!!


まず、当施設のコースの特徴をお伝えします!


・アドベンチャーコース

樹上の最高地点15m

けっこうハード

ジップスライド(シャーッと滑るやつ)は全5本あり、最長137m

「ターザンスイング」などアドベンチャーコースでしか体験できないアクティビティ多数


・キャノピーコース

樹上の最高地点7m

けっこうかんたん

ジップスライドは全7本あり、最長は20~30m



当施設のキャノピーコースは障がいのある方でも楽しんでいただけるようにと、他のフォレストアドベンチャーのキャノピーコースの中でもあまり難しくないコース設計になっています。

小学低学年のお子様には、ちょうどいい難しさだと感じる方が多いようですが、小学校高学年くらいのお子様になると「かんたん」「物足りない」と感じる方が多いです。

当施設のキャノピーコースは、小学校低学年のお子様、フォレストアドベンチャーが初めてのお子様、高いところが苦手だけどチャレンジしてみたいお子様などにオススメしたい、フォレストアドベンチャーの入門コースと考えていただければいいかと思います。


一方、アドベンチャーコースは確かにハードではありますが、実はリタイアされる方も少なく、チャレンジングな方、アクティブな方、とにかく長いジップスライドを楽しみたい方におすすめです!

樹上15mと聞くと身構えてしまうかもしれませんが、多くのお客様はコースを進んでいくうちに慣れていき、最後には思いっきり楽しんで帰ってくる方が多いです。

とくにアドベンチャーコースでは畑の上を飛び越え、道の駅周辺の景色が一望できる日本唯一の「里山ジップスライド」が体験できます。

また、ターザンのようにネットに飛び込む「ターザンスイング」もアドベンチャーコースにしかないアクティビティです。


畑を飛び越える「里山ジップスライド」や
ネットに飛び込む「ターザンスイング」はアドベンチャーコースにしかないアクティビティです

なので、アドベンチャーコースの参加条件を満たしているお客様には、ぜひとも積極的にアドベンチャーコースを体験してもらいたいです!

当施設のアドベンチャーコースは、フォレストアドベンチャーの魅力が最大限感じられるコースだと断言します!


フォレストアドベンチャーが初めてでもアクティブな(参加条件を満たしている)お子様であれば、ぜひアドベンチャーコースに!

大人のグループの皆様も、問答無用でアドベンチャーコースに!

(18歳未満のお子様が体験する場合は、前述の通りお子様2名につき1名保護者の引率が必要です!)


ただ、

「アドベンチャーコースも体験できる年齢や身長だけど、うちの子って慎重派(ビビり)なのよね~」

という方は、キャノピーコースをお試しで体験していただくのもいいかもしれません。


キャノピーコースが楽しかった!

キャノピーコースができて自信がついた!


というお子様は、ぜひ次回キャノピーコースを卒業して、アドベンチャーコースにステップアップしましょう!



以上、「アドベンチャーとキャノピー、どっちを選べばいいの?」にお答えするブログでした!

160回の閲覧
  • ブラックFacebookのアイコン
  • ブラックTwitterのアイコン
  • ブラックInstagramのアイコン

​小菅村の総合情報サイト